【再投稿】auのiPhone 6って海外はSIMフリーなの?(わからないがAT&TのSIMが使える。かも。)



昨日、auショップにいってiPhone6(無印)を買ってきました。

先日、http://itlx.ldblog.jp/archives/52042501.html このようなことがあったのですぐバックアップを復元してAT&TのSIMを挿してみることにしました。

その結果
Bx5i9NACUAAUw5L

挿して何分間かおいてみても怒られることなくキャリア表示もAT&T17.1に変わっています。
前回と同様日本国内なのでAT&Tの電波がはいらないので圏外表示です。
実際にアメリカ国内で利用できるかどうかはわかりません。

もし、アメリカ国内で利用でき海外SIMロックフリーであるのならば
iPhone6は最大20のLTE周波数帯に対応しているので各国のSIMで通信できることになります。
対応LTE周波数帯はこちら、http://www.apple.com/iphone/LTE/
日本で展開されているiPhone6のモデルは、A1586です。

まあ、わかりませんが、、。

auの公式ページを確認してみましたが海外SIMフリーを示唆するっぽい表示があります。

 http://www.au.kddi.com/iphone/product/?bid=we-ipo-2014-0001
iphoneau

4G LTEは特定の国の特定の通信事業者で利用できます。

これが、ローミングのときの話なのか現地SIMを挿入したときの話かはわかりませんが。
もしかすると??

最後にiPhone6のレビュー

でかい。
あと、ボタンの配置的な関係でスクリーンショットが撮りにくいなぁと。

てことで、いじょう報告まで。

最後に注意しておきますが公式のアナウンスがないため本当に海外SIMロックフリーかはわかりません。
AT&TのSIMを挿しても怒られなかったよ!っていうたんなる報告だと思ってください。 


【再投稿】auのiPhone5って海外はSIMフリーなの?(わからないがAT&TのSIMが使える。)

こないだ、アメリカ行ってきたんですけど、そんときにAT&TのSIMカードをAmazonで購入しました。

アメリカ滞在中は、Nexus7とFirefoxOSのFlameを主に使ってテザリング等をしていたため、SIMカードをauのiPhone5に差し替えるということをしなかったです。

しかし、アメリカから帰ってきて日本国内でふという気持ちでauのiPhone5にAT&TのSIMを刺したところ

AppleIDを入力するアクティベート画面が出てきて、AppleIDでログインするとアクティベートに成功してしまいました。

もしロックがかかっているとするとアクティベートの画面で「サポートされていない通信事業者」がどうちゃらこうちゃらとあらわれるはずです。(docomoのiPhoneのSIMとauのLTE以前(WIN時代)のSIMで試したところこっちの表示になりました。よって国内のキャリアはロックがかかっている模様。)

アクティベート後に情報でみたiPhoneのスクリーンショットを一応貼っときます。
このiPhone一度アップルで交換してもらった整備品であるのも関係があるのかもしれません。

IMG_1030

現在は日本国内なので電波は圏外表示です。
実際にアメリカ国内で通信できるかどうかはわかりません。
技術的には3Gと2Gは使えるような気がします。LTEはそもそも帯域が対応してません。
最初の検証時のキャリアバージョンは
KDDI16.1
AT&T16.0

今日iOS8にアップデートしてもう一度試してみましたが、ロックがかかっているので使えないという表示は出ませんでした。
この時のキャリアバージョンは
KDDI17.0
AT&T17.1

ということで以上報告まで。 

Mac OS Xのホットコーナ機能を賢く使う。

こんばんわ。
突然ですが、みなさんMac OS Xにあるホットコーナーって機能をご存知でしょうか?

これは画面の4つのうちの指定した隅にマウスのポインタを持っていくと特定の動作をさせれる機能です。
キーボードに割り当てるファンクション機能に近いものです。

動作の指定は通常、システムの環境設定にあるデスクトップとスクリンセーバーの中にあるスクリーンセーバータブ内で行えます。

26

 ここをクリックすると動作内容の設定画面が出てきます。
どこの角でどの動作をさせるのかを選ぶことができます。
 
33

選べれる動作の内容は以下の通りです。

42
・スクリーンセーバを開始する
・スクリーンセーバを無効にする
・Mission Control
・アプリケーションウインドウ
・デスクトップ
・Dashboard
・通知センター
・Lanchpad
・ディスプレイをスリープさせる
以上9つの動作を割り当てることができます。

ホットコーナを使うことをお勧めする人はデスクトップのMacをお使いでトラックパッドを持っていない人です。
トラックッドがあればジェスチャーでMissionControlや通知センター、Lanchpadは簡単に出すことができます。
しかしトラックパッドがないとキーボードのファンクションかアプリのアイコンをクリックするかのどちらかです。

だからこういうときにホットコーナをつかえばマウスのポインターを角にもっていくだけでこれらを動作させることができます。
ちなみに僕は右上で通知センター、左下でLaunchpadが動作するように設定しています。
便利ですよね。

以上です。

 



最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PVグラフ

    UUグラフ

      QRコード
      QRコード