Mac OS X 10.11.2およびiOS9.2のリリース

Apple-Logo-Black

日本時間で12月9日に、AppleのMacおよびiOSデバイス向けに最新OSのアップデートが配信開始されました。

アップデート方法は以下のとおりです。

・OS Xのアップデート
 AppStoreのアップデートからOS X 10.11.2のアップデートを行ってください。

・iOSのアップデート
設定>情報>ソフトウェアアップデートの順にタップしてアップデートを行ってください。
アップデートは大容量のコンテンツのダウンロードを行いますので、Wi-Fi環境が必須となります。
公衆無線LANなどでのアップデートは控えてなるべく自宅で行いましょう!

主なアップデート内容は以下のとおりです。

OS X 10.11.2でのアップデート内容 
・Wi-Fiの信頼性の向上
・HandoffとAirDropの信頼性の向上
・Bluetoothデバイスとの接続が切断される原因の修正
・メールでオフラインのExchangeアカウントのメッセージを削除できない問題の修正
・USBケーブルを使用してiPhoneからMacへ写真を読み込めない問題の修正
・Live PhotosでのiCloud写真共有を改善
・メールがアップデートの完了を妨げる問題を修正
・FaceTimeやMessagesにサインインできない問題を修正
など 

iOS9.2でのアップデート内容
・POPメールアカウントを使用するユーザのメール添付ファイルにアクセスできなくなる問題
・添付ファイルがメール本文と重なる問題
・古いiCloudバックアップから復元するとLive Photosがオフになる問題
・「連絡先」で検索結果が表示されない問題
・「カレンダー」の週表示でいくつかの曜日が欠ける問題
・iPadの「カメラ」でビデオ撮影時に画面が真っ暗になる問題
・「アクティビティ」Appで夏時間への移行日を表示すると動作が不安定になる問題
・「ヘルスケア」でデータが表示されない問題
・Walletのアップデートとロック画面の通知が表示されない問題
・iOSをアップデートするとアラームが鳴らなくなる問題
・一部のユーザが「iPhoneを探す」にログインできない問題
・手動でのiCloudバックアップが完了しない問題
・iPadキーボードの使用時に突然テキスト選択モードに切り替わる問題
など 
 とくに否定する理由がない人はアップデートするといいでしょう!


Mac OS XでAmazon Prime Musicをアプリとして聞く方法。

34679130

Linuxから始める先端ITのブログでも紹介したよう、11月18日より、Amazon Prime Musicが開始しました。

http://itlx.ldblog.jp/archives/52125420.html 

スマホで聞こうとおもっているひとはすでにAmazon Musicのアプリをインストールされていると思います。

アプリは以下のサイトからダウンロード可能です。
iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/amazon-music/id510855668?mt=8

Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.amazon.mp3&

パソコンで聞こうと思っている方?

WEB版の存在はすでに知っていると思いますが、聞こうとするたびにサイトをブラウザで開かなければならないのでしょうか??

いいえ、実はWindows版とMac版のスタンドアロンアプリが用意されています!!
(LinuxやChromeOSの方はいまのところブラウザ版しかありません。)

Amazon Musicデスクトップ版
http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html?ie=UTF8&docId=3077746316

44

うえのサイトから「ダウンロード&インストール」をクリックしてください。
ダウンロードが始まります。

36

では、実際にインストールしていってみます。

↓↓続きから!!↓↓


 
続きを読む

Macでクライアントアプリ版の「Google Drive」を使う方法。

01


今回はGoogle Driveの紹介です。

先日、OneDriveの記事を紹介しましたが、
http://applefriend.blog.jp/archives/1044100347.html
この記事を書いた直後に、Microsoftが無料ユーザ向けのストレージは実質30GB→5GBに減らすと発表しました。
http://japanese.engadget.com/2015/11/03/onedrive-30gb-5gb/

しかし、Google Driveは、一般の無料ユーザ向けには15GBのストレージを用意してくれています。
私の学校は、Google App for Educationを利用しているので学校のアカウント(Googleアカウント)を利用すれば30GBのストレージを利用できます。

その他Businessアカウントをお持ちの方も大容量のストレージを利用できるでしょう。

Google Driveの公式サイトはこちら。
https://www.google.com/intl/ja_jp/drive/

通常はWEB版から操作する人が、多いと思いますが、実はクライアントのアプリも利用できます。
コンピュータ内のフォルダにファイルを配置するだけでアップロードしてくれるのでよりスムーズなクラウドストレージの利用が可能です。

ダウンロードはこちらのサイトから。
https://www.google.com/intl/ja_jp/drive/download/

09
「ドライブをダウンロード 」をクリックして一番上の「パソコン」をクリックします。

06
このような画面が出てくるので「同意してダウンロード」 をクリックします。


そうすると「installgoogledrive.dmg」がダウンロードされるので、いつもの様にマウントして「アプリケーション」フォルダにコピーしてインストールしましょう。

08
GoogleDriveのアプリを実行してみましょう。

08
初回起動ではこのような画面がでてくるので、「開始する」をクリックして画面の説明に従って設定していきましょう。

次のページではログインするように促されるのでこのパソコンで使いたいGoogleDriveのアカウントでログインしましょう。

40
ログインすると「Googleドライブ」フォルダが作成され、同期が始まります。

00


あとは利用をしていくだけです。

クラウドストレージをつかって賢くファイルの管理をしましょう!



最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PVグラフ

    UUグラフ

      QRコード
      QRコード