Macでクライアントアプリ版の「Google Drive」を使う方法。

01


今回はGoogle Driveの紹介です。

先日、OneDriveの記事を紹介しましたが、
http://applefriend.blog.jp/archives/1044100347.html
この記事を書いた直後に、Microsoftが無料ユーザ向けのストレージは実質30GB→5GBに減らすと発表しました。
http://japanese.engadget.com/2015/11/03/onedrive-30gb-5gb/

しかし、Google Driveは、一般の無料ユーザ向けには15GBのストレージを用意してくれています。
私の学校は、Google App for Educationを利用しているので学校のアカウント(Googleアカウント)を利用すれば30GBのストレージを利用できます。

その他Businessアカウントをお持ちの方も大容量のストレージを利用できるでしょう。

Google Driveの公式サイトはこちら。
https://www.google.com/intl/ja_jp/drive/

通常はWEB版から操作する人が、多いと思いますが、実はクライアントのアプリも利用できます。
コンピュータ内のフォルダにファイルを配置するだけでアップロードしてくれるのでよりスムーズなクラウドストレージの利用が可能です。

ダウンロードはこちらのサイトから。
https://www.google.com/intl/ja_jp/drive/download/

09
「ドライブをダウンロード 」をクリックして一番上の「パソコン」をクリックします。

06
このような画面が出てくるので「同意してダウンロード」 をクリックします。


そうすると「installgoogledrive.dmg」がダウンロードされるので、いつもの様にマウントして「アプリケーション」フォルダにコピーしてインストールしましょう。

08
GoogleDriveのアプリを実行してみましょう。

08
初回起動ではこのような画面がでてくるので、「開始する」をクリックして画面の説明に従って設定していきましょう。

次のページではログインするように促されるのでこのパソコンで使いたいGoogleDriveのアカウントでログインしましょう。

40
ログインすると「Googleドライブ」フォルダが作成され、同期が始まります。

00


あとは利用をしていくだけです。

クラウドストレージをつかって賢くファイルの管理をしましょう!


とうとうiOS向け「Mozilla Firefox」リリース!!

unnamed

iOS向けのFirefoxは提供しないと言っていたものの、ユーザの要望があるのであればiOS向けのFirefoxを開発する準備はあると発していたMozillaです。

9月ごろから、ニュージランドのみで先行リリース(テストリリース)されていました、「Firefox Webブラウザ」ですが、本日11月12日より日本を含むおそらく全世界のAppStoreからでもダウンロードして利用できるようになりました!!

なぜiOS向けのFirefoxがこれまでリリースされてこなかったか?ってのは後日お話するとしまして
(検索すると諸説でてきます)
早速インストールしてみました。

このURLからAppStoreのFirefoxのページに飛べます
https://itunes.apple.com/jp/app/id989804926

IMG_3286
 
通常のアプリをダウンロードする時と同じように「入手」をおしてダウンロードするとアプリをインストールすることが出来ます。

早速アプリを起動してみました。

初回起動ではアプリの簡単な機能を紹介してくれます。

IMG_3287
 
整理・整頓:タブを使えば、ページの切り替えも簡単です。

IMG_3288

カスタマイズ:設定を変えれば、Firefoxを自分好みにカスタマイズできます。いつも使う検索エンジンも設定から変更できます

IMG_3289
アプリ間共有:他のアプリで共有されたリンクもFirefoxで開けます

IMG_3290
普段使いのブラウザに:Firefoxのアイコンをタップして、そのままドックへ移動させれば、より簡単にFirefoxを使えます

IMG_3291
他の端末の同期できます。

IMG_3292

PC版やAndroid版のFirefoxを利用しているかたで、Firefoxアカウントを持っている方はそのアカウントでログインすると他の端末とブックマークや履歴などを同期することが出来ます。

iPhoneでのFirefoxのスクリーンショット
IMG_3293


iPadでのFirefoxのスクリーンショット
C52433F9-6B26-4D2E-AF35-F221A9669965

念願のiOSでのFirefoxブラウザ、通常使うブラウザがFirefoxだった人はより一層iOSでも作業が捗りそうですね!

ではまた。
 

El Capitanではネットワークの共有名に日本語名が使えない


networksharename


おそらくバグだと思うんですが、
El Capitanではネットワークの共有名に日本語名が使えません。

El Capitanにアップグレードした途端に、Yosemiteまでではなんともなく使えていたWindowsの共有ディレクトリの一部が開けなくなりました。(SMB・CIFSプロトコルでしか検証していないのでその他のプロトコルの挙動は不明。)

エラーメッセージは、「オリジナルの項目が見つからないため、操作を完了できません」とのこと。 

全部開けないことはなかったので、ファイルサーバ側の問題かと思っていましたが 実はMac OS X側の問題でした。

開けるものと開けないものの違いを探してみたら、共有名が「日本語」か「英語」かの違いだけ。

ふとおもい、共有名を半角英数字に変えてみたところ、あっさりつながりました。

バグだと思うので今後のアップデートで修正されることを祈ります。

検索したら同じ用な境遇の人がいた!!

http://miminchi.blog.so-net.ne.jp/2015-10-03

追記
今は治ってるかも?
もしこの症状が出る人は、OSのアップデートをしてみることをおすすめします。
 



最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PVグラフ

    UUグラフ

      QRコード
      QRコード