※追記あり
pom_banniere


MacでWindows(のアプリ)を動かすなんてそんなの卑劣極まりない!!っと怒る方もいらっしゃるかと思います。 
しかし、世の中はまだまだWindows社会といっても過言ではないでしょう。
ソフトウェアもWindows用のものはあるのにMac向けには用意されていなかったという経験もあると思います。
あぁ、MacでもWindowsのソフトがつかえたらなぁ・・・。

そう思ったことが1回はあるんじゃないでしょうか?

 それを叶えることができるかもしれないものがあります。

「PlayOnMac」

です!! 

LinuxではおなじみのツールであるWineを使いやすくすくそして簡単にMacでも導入できるようにしたアプリです。
Linux版であるPlayOnLinuxというのも存在します。

簡単にいうと完全ではないものの、Windows用のアプリをMacでWindows本体を導入せずに使えちゃうものです。

インストール方法は続きから!!!
↓↓
 
PlayOnLinuxのインストール

まず、公式ページはこちらになります。

http://www.playonmac.com/en/ 

51
つべこべ言わずにツールのダウンロードをしちゃいましょう!!

青いボタンの「Download PlayOnMac」をクリックするとダウンロードが始まります。
130MBほどあり遅い回線ではちょっと時間がかかると思います。光回線なら楽勝でしょうね!

MacではおなじみのDMGファイルがダウンロードされますのでとっとと開いてマウントしちゃいましょう!
52

 いつも通り、アプリをアプリケーションフォルダにコピーすればインストールできます。
58

終わったらアンマウントしておきましょう。

では、Launchpadかアプリケーションフォルダからインストールしたアプリを起動させましょう。
初回起動では以下の様に警告が出ると思います。

07
そのまま開くをクリックして起動させてあげましょう!

起動したらこのような画面が出ると思います。

36
匿名での情報提出をするかどうかを聞いてきます。
協力したい方は「Yes」を、ちょっとこういうのが気になる方は「No」をクリックしておきましょう!

起動するとこんな感じになります。
04

XQuartzをインストールされている方はここでインストールが終わりです。
XQuartzをインストールされていない方はこのウィザードにそってインストールを開始してください。

58
次へをクリックします。
46
通常は一番上の「Please download ZQuartz for me」を選択してもらえれば大丈夫です。
次へをクリックしましょう。

XQuartzのダウンロードが始まります。
43
ダウンロードが完了したら自動でDMGがマウントされ、インストーラーが起動しますので、XQuartzをインストールしてください。

インストール方法は省略します。(そのまま次へや続けるをクリックしてインストールしてください。)

XQuartzのインストールが完了したら次のようになります。
54
「次へ」をクリックすれば完了です。


PlayOnMacにWindowsアプリのインストール

今回は例として軽くて高機能はPhotoレタッチソフト「JTrim」をインストールしてみたいと思います。
ここからexeファイルをダウンロードしてきます。
http://www.woodybells.com/jtrim.html 

ダウンロードしたEXEファイルがPlayOnMacのアイコンになっているのがわかると思います。
そのままクリックして動作させてみましょう!

54
プログラム解析が始まります。
55
自動インストールウィザードが表示されます。
※ソフトウェアによっては解析の結果自動インストールができない場合もあり手動でインストールする必要が出てくるものもあると思います。

次へをクリックします。

09

プログラムの名前を聞かれます。
ここではソフトウェアの名前をそのまま「JTrim」とつけることにします。
入力したら次へをクリックします。
18

バーチャルドライブの作成が始まります。
09
Wineの設定がはじまりとWine monoをインストールするように促すメッセージが表示されますので、インストールしましょう。
Wine mono とはWindowsの.NETアプリケーションを正しく動作させるようにするものです。

27


ダウンロードそしてインストールが始まります。
11
Wine Geckoのパッケージのインストールを促すメッセージが表示されます。
これはHTMLのレンダリングエンジンでHTMLを組み込んだアプリケーションを正しく動作させるために必要なものです。
インストールをクリックしてください。
57
ダウンロードとインストールが始まります。

このように何個か別途インストールしなければいけないパッケージが出てくると思うので画面の指示に従ってインストールしてください。

ここまで終わるとEXEファイルの中身のプログラムが動作し始めてJTrimのインストーラが起動します。

18

画面の指示に従ってインストールを進めてください。Windowsでの画面表示とほとんど同じでしょう。

プログラム本体のexeを選んでPlayOnMacにショートカットを作成しましょう。
28
ショートカットの名前です。
40
ショートカットの選択画面に戻ってくるのでほかにショートカットが必要なかったら一番上の「I don't want to make another shortcut」を選んで次へをクリックしてください。

19
インストールが完了します。
54
アプリケーションの起動

さっき作成したショートカットがデスクトップに作成されていると思うのでそれをクリックしたらアプリケーションが実行されます。

30

または、PlayOnMacを起動させてその中からJTrimを選択して実行をクリックしてもアプリケーションが実行されます。

10
アプリケーションを実際に動かしてみました。

01

日本語フォントが文字化けしていますがWindows用のアプリケーションが起動しました!

おそらく日本語フォントがWineにインストールされていないのが原因だと思うので
Linuxの時と同様、フォントを差し替えてやれば文字もきちんと表示されると思います。
(未確認)

文字化けの話はこの辺を参照してください。

http://blog.goo.ne.jp/seireik/e/a33b56d7be9023578e30639c892cc39f
http://blog2.k05.biz/2012/03/macwindowplayonmac-wine.html

以上PlayOnMacの紹介でした。

※追記(2016/06/14)
この記事見てくれてる人が多いので追記しておきます。
フォントが文字化けするという話ですが、Wineのバージョン管理てきな画面から最新のWine(非安定板も含む)をインストールしたら、この記事で紹介しているJTrimというアプリケーションでは文字化けしませんでした。 

スポンサーリンク