150307officemac2016

MicrosoftがOffice for Mac 2016のプレビュー版をリリースしました。
現在の最新バージョンである、Office for Mac 2011 からおよそ5年ぶりのメジャーアップデートとなります。

最近、新型MacBookにも搭載されたRetinaディスプレイや最新のOS XであるYosemiteにも対応しました。

だいたい、2015年の夏ごろに正式版がリリースされる予定のようです。
日本でのライセンス形態や価格などはまだわかっていません。

製品の詳しい情報は以下のengadgetさんのページで詳しく書かれていますのでごらんください。
http://japanese.engadget.com/2015/03/11/office-2016-for-mac-retina-yosemite/ 

まあ、なにごともインストールしてみないことには始まらないのでプレビュー版をインストールしてみることにします。

では、続きから!!
↓↓ 
まずMicrosoftのMac for Officeの公式ページに飛びます。
以下のリンクをクリックしてください。
http://products.office.com/ja-jp/mac/mac-preview 

01
「今すぐダウンロード」をクリックすると即座にダウンロードが開始されます。

「Office Preview.pkg」というファイルでダウンロードされます。
 サイズがおよそ、2.7GBあるのでダウンロードする際は環境などにご注意ください。

 Safariのデフォルトではダウンロードフォルダーに保存されます。

21

「OfficePreview.pkg」をクリックしてインストーラーを開きましょう。

08
「続ける」をクリック。

33
使用許諾契約ですので、読んで、「続ける」をクリック。

 
23
「同意する」をクリック

22
ここは自分の用途を吟味して選択してください。
ここでは、「このコンピュータすべてのユーザ用にインストール」を選択します。
選択したら「続ける」をクリック。

36
 インストールにはおよそ5.7GB必要です。容量不足のひとはご注意ください。
画面を確認したら「インストール」をクリック。

57
新しいソフトウェアをインストールするには許可が必要なので管理者権限のあるユーザ名とパスワードを入力してください。通常自分のユーザ名は表示されていると思うので、自分のユーザのパスワードを入力すればOKです!

入力後「ソフトウェアをインストール」をクリックすればインストールが始まります。

24
インストールがおわるまでしばらく待機しましょう。
数分かかります。

53
インストールが完了しました。
「閉じる」をクリックしてインストーラーを終了させましょう。

Launchpadやアプリケーションフォルダをみてみればインストールされているのがわかると思います。

これでインストールは完了です。

※Office 2011をインストールされていた方
Office 2016をインストールすることでLaunchpad上のOffice 2011はOffice 2016に置き換わります。
引き続きOffice 2011を使いたいかたはアプリケーションフォルダを経由してOffice 2011を開いてください。

 Office for Mac 2016のスクリーンショット

Excel
03
Outlook
33
PowerPoint
17
Word
59

OneNote
13

どことなく、Windows版のOffice 2013よりのデザインになりました。

以上です。


スポンサーリンク