SublimeText_Master_012312_icon

今回はSublime Textというテキストエディタをご紹介します。
古参のひとたちは「Vim」や「emacs」というものを好むようですが、
若者の私達からしてみれば、最初の難しい設定ファイルを書かなくてもデフォルトの設定で使い物になるエディタのほうが非常に重宝します。

そこでおすすめしたいのが今回紹介しようとしている「Sublime Text」です。
この記事では、インストール方法とインストール後にやったことを紹介します。

では続きから、

 
インストール方法

今回インストールするのはバージョン2ではなくて、ベータ版ですがバージョン3です。

まず公式ページにいってダウンロードしてきましょう。
http://www.sublimetext.com/3 

03
いつものようにダウンロードしたDMGファイルをマウントして、

51

アプリケションフォルダにドラッグアンドドロップでAPPをコピーすればインストール完了です。

28
インストールできたらLaunchpadにも表示されるでしょう。

19


クリックして起動するか確かめます。

セキュリティ警告てきなのが出てきたら「開く」をおしてください。

18
ばっちし、起動しました!!!


インストール後にやったこと

パッケージコントロールのインストール

Sublimet Textには有志の方たちがたくさんの追加パッケージ(拡張機能)を提供しています。
それがパッケージコントロールからインストールや削除ができます。
なので、まずパッケージコントロール をインストールしたいと思います。

上のメニューバーの「View」から「Show console」をクリックしてください。

09

そうするとエディタの下部にコンソールが表示されます。

50

ここに下記のURLのSublime Text3の方のコマンドをコピーしてください。

https://packagecontrol.io/installation

08
そしてコンソール内にペーストしてEnterを押しましょう。

03

うまく行けばインストールができます。

38
インストールできたらエディタを再起動しましょう。

再起動ができたら

「Comand」+「Shift」+「P」をおして表示された入力欄に「Package Control」と入力してみましょう。

以下のようにパッケージコントロールの項目が表示できていればうまくインストールできています。

19

 拡張機能のパッケージのインストール

さっきと同じように入力欄に「pac」ぐらい書けばパッケージコントロールの項目が表示されると思うので 「Install Package」を選択してください。

24
 
まず、shift-jisをutf-8にコンバートしてくれるパッケージをインストールします。

下記のようにInstall packageを選択したあとの入力欄に「utf8」と入力してみましょう。

39
ConvertToUTF8というものがでてくるのでそれを選択してEnterキーを押してみましょう。

インストールが始まります。これだけです。

同じ要領で「codecs33」もインストールしましょう。
これはConvertToUTF8の補助的なパッケージです。
これがないとUTF8に変換してくれません。

ユーザ設定の変更

設定用のファイルを編集することで好きなようにエディタの設定を変更できます。
上のメニューの「Sublime Text」「Preferences」「setting-User」 をクリックします。
 
11


すると以下の様なJSONファイルが表示されます。

02
上図の赤枠の中に設定用のJSONを書いていきます。

ひとまず以下のような設定をかいてみました。

"font_size": 10, //フォントサイズ
"draw_white_space": "all", //タブやスペースなどの不過視文字を表示
"highlight_line": true, //現在の選択行をハイライト表示
"default_encoding": "UTF-8", // デフォルトのエンコーディングの文字コード
"fallback_encoding": "UTF-8", // 文字コードが不明なファイルのエンコーディングの文字コード
"show_encoding": true, // エンコーディングの文字コードを右下のステータスバーに表示

39


こんなかんじになります。
設定保存したら設定完了です。

どうだったでしょうか。
使いやすいエディタにみなさん似合うようにカスタマイズしていってみてください。

そのまま使うのもありだと思います。
ではでは。 

スポンサーリンク