l_ht_gp01
先日、Google Photosがすごいいいというお話をしました。

http://applefriend.blog.jp/archives/1029118111.html 

そして、Macのアプリの話もしました。

http://applefriend.blog.jp/archives/1029230614.html

ブラウザから簡単に使えたり、Macからでも簡単に写真をバックアップできることを紹介しましたが今回はiOSアプリを使ってみたいと思います。

ダウンロードとインストール



通常のiOSアプリのインストールと同じですでにAppStoreに登場しています。

https://itunes.apple.com/jp/app/googlefoto/id962194608?mt=8
 
49

iOSのAppStoreから見るとこんな感じです。

IMG_2078

インストールしてみましょう。

使ってみる



アプリを起動してみると、写真へのアクセスを要求されます。許可してあげてください。
もし間違えてしまった場合は、iOSの「プライバシ設定」から、「写真」を選択して
「Googleフォト」のスイッチをONにしましょう。

 アプリを起動させたらまず設定を見直しましょう。

IMG_0535
設定から バックアップと同期をタップします。

IMG_0536
バックアップ先のアカウントなどが表示されますので好みの設定にしてください。

IMG_0537
また、アップロードサイズは高品質にしておかないと無制限でのバックアップができません。
画像は劣化しているようですが、人の目ではほとんど感じることができないほどです。

そうすると無制限バックアップができるようになります。
アプリのホーム画面ではこのようにバックアップされた画像等が表示されているはずです。

IMG_0534

これでiOSでのGoogle ファトのバックアップ設定の見直しは終わりです。

容量無制限なので、iPhoneなどでとった写真のバックアップはGoogleフォトに一本化しiCloudからは完全に写真をはずして容量を節約する。などといった使い方ができそうですね。

その場合まずますオンライン環境が必須な時代になっていきそうです。

おわり。 

スポンサーリンク