開発

El CapitanへのアップデートでHomebrewにエラーが出る問題について

27

El Capitanにしたあと、

$ brew doctor

を走らせると以下のようにエラーが見つかりました。

Please note that these warnings are just used to help the Homebrew maintainers
with debugging if you file an issue. If everything you use Homebrew for is
working fine: please don't worry and just ignore them. Thanks!

Warning: The /usr/local is not writable.
You should probably `chown` /usr/local

Warning: The /usr/local directory is not writable.
Even if this directory was writable when you installed Homebrew, other
software may change permissions on this directory. Some versions of the
"InstantOn" component of Airfoil are known to do this.

You should probably change the ownership and permissions of /usr/local
back to your user account.
  sudo chown -R $(whoami):admin /usr/local

ディレクトリの所有者の問題でエラーが出てるのでメッセージの通り下記のコマンドを実行して 所有権の変更を行っておきましょう。

$  sudo chown -R $(whoami):admin /usr/local

しかし、、ちがうMacではEl Capitanにアップデートしたらsudoが使えなくなったんだが。。。 

てな感じ。 


Mac OS X YosemiteにXamarinをインストールする

xamarin-horizontal-blue@2x

先日、Xamarin.iOSとXamarin.Androidの無料学生用ライセンスを申請し https://xamarin.com/student 、交渉してもらうことができたので、MacにXamarinをインストールしていきたいと思います。

Xamarinのライセンス形態による違いなどはぐぐればすぐでてくるので割愛しますね^^

まず、http://xamarin.com/download からMacOS用の インストーラーをダウンロードしてきます。

 
58

各項目を入力して、「Download Xamarin for OS X」をクリックしてダウンロードを開始してください。

ダウンロードができたらDMGをマウントします。

55

マウントできたらインストーラーをクリックして開始させます。

ライセンス規約に同意するかのチェックボックス

匿名での情報収集を許可するかどうかのチェックボックス
が表示されます。
同意するのチェックボックスにチェックを入れて次に進みましょう。
33

調査が始まります。

58
インストールするパッケージを選びましょう。
今回はすべてインストールする設定で進みます。

53
Continueをクリックします。

13
インストールされるパッケージとバージョンの確認です。
Continueをクリックします。

40
ソフトウェアのライセンス規約です。同意出来る場合はチェックボックスにチェックを入れてContinueをクリックします。

27
インストールが開始されます。ユーザの認証を求められたらパスワードをいれて認証しましょう。

22

Xamarinのウェブページが開くとともに、インストールが完了します。

30

インストールも完了したので、とりあえず
Xamarin Studioでプロジェクトを作ってみます。

11
以下の様なエラーが表示されたらXcodeがインストールされていないものだと思いますので下記のリンクを参考にAppStoreからインストールしてください。
http://applefriend.blog.jp/archives/1013317652.html
A valid Xcode installation could not be found. If your copy of Xcode is installed to a non-standard prefix, please specify the location in Xamarin Studio's Preferences under 'SDK Locations

Xamarinを動作させるには標準のiOS向けIDEであるXcodeのインストールが必須です。


ライセンスが付与されたアカウントを持っている人はログインをしておきましょう!


01

Xamarin StudioのメニューからAccount...をクリックします。

57
Log Inをクリックすると以下のように入力画面が表示されますのでアカウント情報を入力しましょう。

45

僕は、Student用のアカウントですので以下のようにアクティベートされます。

29

 
これで、インストールはすべて完了です。

アカウントやライセンスを持っていない人はSTARTERエディションですのでかなり機能の制限があります。

学生でしたら無料でiOSとAndroid用のライセンスをくれるので試してみたらどうでしょうか。
20万円分のビジネスエディションが1年間無料で使えます。

ではまた。 

Sublime Text 3のインストールとその後やったこと。

SublimeText_Master_012312_icon

今回はSublime Textというテキストエディタをご紹介します。
古参のひとたちは「Vim」や「emacs」というものを好むようですが、
若者の私達からしてみれば、最初の難しい設定ファイルを書かなくてもデフォルトの設定で使い物になるエディタのほうが非常に重宝します。

そこでおすすめしたいのが今回紹介しようとしている「Sublime Text」です。
この記事では、インストール方法とインストール後にやったことを紹介します。

では続きから、

 
続きを読む



最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PVグラフ

    UUグラフ

      QRコード
      QRコード