Photos-512x512

ちょっと前になりますが、やっとMacにも写真アプリが登場しました。

これでiPhoneなどでiCloud フォトライブラリにアップロードされた写真がMacやブラウザ経由で他のPCでも見れるようになります!

Mac側の写真アプリの準備

前提として、iPhotoのライブラリを移行しないことにします。
てかiPhoto使ってなかったんで。。。

まず、LaunchpadやDockから下記のアイコンをクリックして写真アプリを起動させましょう。

29

そうすると写真アプリが起動します。

45
「はじめよう」をクリックします。

20
「iCloud フォトライブラリを使用」をクリックします。
※使用したくない場合は「今はしない」をクリックしてください。

42
写真アプリの準備ができます!

iPhoneでのiCloudフォトライブラリの設定


「設定アプリ」を開きましょう。


 
IMG_2089

それのiCloudの設定を開きます。

IMG_2090

写真をタップします。

IMG_2101

一番上の項目のiCloudフォトライブラリの欄のチェックを入にします。
※おそらく、自分のフォトストリームにアップロードはしなくてもいいと思うので切にしました。

IMG_2092
 
入にするとアップロードが始まります。高速なWi-Fiと電源に接続すると 比較的早くアップロードが進みます。

iPhoneでの設定はここまでです。

写真アプリに写真が同期されているか見てみる

Macの写真アプリ側もアプリを開けば自動的にiCloudフォトライブラリからダウンロードが始まります。

10

iPhone側はほとんど見栄えは変わりません。
アルバムのところに自分のフォトストリームの欄がなくなっていると思います。

IMG_2103

 

気づいたこと



iPhoneはiCloudに本体の設定やアプリのデータなどをiCloudに保存していますが、そのデータに写真も含まれます。

最初、iCloud フォトライブラリとこのバックアップでの写真の容量がかぶるのではないかと思いましたが、写真のバックアップはフォトライブラリになってカウントされないようになっていました。

IMG_2102

こんなとこです。