25

Windowsでいうエクスプローラですが、Macでは似たような画面にFinderというものです。

このFInderにはデフォルトでONになっていないわかりにくい表示設定が存在します。

通常はここのメニューから「表示」「非表示」を切り替えることができます。

22
デフォルトではサイドバーのみが表示されるようになっています。

すべて表示させてみると以下のようになります。

35

それでは一つづつ見て行きましょう。

タブバー
00
ブラウザのように一つのウィンドウで複数の項目を見ることができる「タブ」という機能のタブを一覧で表示します。タブを「+」ボタンから新たに追加できるようになります。

パスバー
53
これは、フォルダやファイルの階層を表示してくれます。
自分がどこの階層にいるのかわかりやすくなります。

ステータスバー
10
選択中のファイルやフォルダの個数や、現在のフォルダの項目の数、ディスクの空き容量などのステータスを表示してくれます。

サイドバー
48
ショートカットのように登録しておくと目的のフォルダまで一発で飛ぶことができます。
デフォルトで主要なものは登録されており、デフォルトでこの機能は表示されるようになっています。

プレビュー
26
ファイルの情報を右に表示してくれます。

設定の個人的なおすすめは、「サイドバー」「パスバー」「タブバー」を常時表示させるようにしておくことです。

ではまた。