e0da1b14bf04304e60555c5d5e6bfa6f

パソコンをご利用のほとんどの方は知っていると思いますが、
アプリケーション自身がアプリケーションを使っているうちに一時ファイルや関連ファイルを自動的に保存するようになっています。

なので、通常のようにアプリケーションフォルダーからアプリを削除するだけではこのような関連ファイルは削除されることがありません。
いわゆるゴミが残ってしまった状態になります。

この状態を解決するのにこの「App Cleaner」というのが効果的です。
これを常駐させておくとMacのアプリのアンインストール時などに関連ファイル等を一緒に削除してくれます。
Macユーザなら必ず入れておきたいアプリの1つですね!

ダウンロード&インストール方法



App Cleanerはこちらから無料でダウンロードすることができます。
http://www.freemacsoft.net/appcleaner/ 

55

このようなサイトです。右下の方にダウンロードする場所があります。

32
 Snow Lepard以降の方は上をそれより以前の方はしたのをダウンロードしてください。

こんかいこのマシンはYosemiteですので上のほうのバージョンをダウンロードします。

 クリックすると即座にダウンロードが開始します。

ダウンロードができたらいつもの手順でインストールします。
DMGファイルではなく直接実行ファイルがダウンロードされるのでそのままAppをアプリケーションフォルダにコピーします。

11
コピーするとLanchpadなどにも表示されて実行できるようになります。

App Cleanerの実行と常駐設定



初回起動は警告が開くと思いますがそのまま開くをクリックしましょう。

アプリケーションを開くとこのような画面になると思います。
01
常駐させたくない場合はいちいちこのアプリを起動させてアプリケーションをこのアプリじょうにドラックしなければなりません。

しかし常駐させる設定をすることでアプリをゴミ箱に移動した際自動的にこのアプリが作動するようになります。

常駐設定方法

 アプリケーションの環境設定をまず開きます。
02

 このような画面が表示されます。
49
つぎに上のタブからSmartDeleteをクリックしてください。
55
このような画面が表示されると思います。
このスイッチを「入」になるようにしてください。

そうすると自分のアカウントのパスワードを聞かれると思うので入力して、ヘルパーのインストールをクリックしてください。
10
認証が成功すると「入」になります。

26
これで常駐設定の終了です。

自動アップデート設定



 インストールしたままでの設定だと自動アップデートが有効になっていません。

上記の常駐設定のときと同じように環境設定をひらいて、今度は上のタブからアップデートをクリックしてください。 

53
アップデートを自動的に確認のチェックボックスにチェックを入れると自動でアップデートを確認するようになります。

ちなみにアップデートを確認のボタンをクリックすると手動でアップデートを確認できます。

使い方についてはこのサイトが簡潔に説明しています。見てみてください。

http://apple-relationship.com/mac-app/convenience-mac-app/macアプリをアンインストールしてくれるappcleaner使い方/
 
では以上です。