Android

Mac OS X YosemiteにXamarinをインストールする

xamarin-horizontal-blue@2x

先日、Xamarin.iOSとXamarin.Androidの無料学生用ライセンスを申請し https://xamarin.com/student 、交渉してもらうことができたので、MacにXamarinをインストールしていきたいと思います。

Xamarinのライセンス形態による違いなどはぐぐればすぐでてくるので割愛しますね^^

まず、http://xamarin.com/download からMacOS用の インストーラーをダウンロードしてきます。

 
58

各項目を入力して、「Download Xamarin for OS X」をクリックしてダウンロードを開始してください。

ダウンロードができたらDMGをマウントします。

55

マウントできたらインストーラーをクリックして開始させます。

ライセンス規約に同意するかのチェックボックス

匿名での情報収集を許可するかどうかのチェックボックス
が表示されます。
同意するのチェックボックスにチェックを入れて次に進みましょう。
33

調査が始まります。

58
インストールするパッケージを選びましょう。
今回はすべてインストールする設定で進みます。

53
Continueをクリックします。

13
インストールされるパッケージとバージョンの確認です。
Continueをクリックします。

40
ソフトウェアのライセンス規約です。同意出来る場合はチェックボックスにチェックを入れてContinueをクリックします。

27
インストールが開始されます。ユーザの認証を求められたらパスワードをいれて認証しましょう。

22

Xamarinのウェブページが開くとともに、インストールが完了します。

30

インストールも完了したので、とりあえず
Xamarin Studioでプロジェクトを作ってみます。

11
以下の様なエラーが表示されたらXcodeがインストールされていないものだと思いますので下記のリンクを参考にAppStoreからインストールしてください。
http://applefriend.blog.jp/archives/1013317652.html
A valid Xcode installation could not be found. If your copy of Xcode is installed to a non-standard prefix, please specify the location in Xamarin Studio's Preferences under 'SDK Locations

Xamarinを動作させるには標準のiOS向けIDEであるXcodeのインストールが必須です。


ライセンスが付与されたアカウントを持っている人はログインをしておきましょう!


01

Xamarin StudioのメニューからAccount...をクリックします。

57
Log Inをクリックすると以下のように入力画面が表示されますのでアカウント情報を入力しましょう。

45

僕は、Student用のアカウントですので以下のようにアクティベートされます。

29

 
これで、インストールはすべて完了です。

アカウントやライセンスを持っていない人はSTARTERエディションですのでかなり機能の制限があります。

学生でしたら無料でiOSとAndroid用のライセンスをくれるので試してみたらどうでしょうか。
20万円分のビジネスエディションが1年間無料で使えます。

ではまた。 


「Google Photos」でもっと賢く写真のバックアップをしよう。その3 iOSアプリ編

l_ht_gp01
先日、Google Photosがすごいいいというお話をしました。

http://applefriend.blog.jp/archives/1029118111.html 

そして、Macのアプリの話もしました。

http://applefriend.blog.jp/archives/1029230614.html

ブラウザから簡単に使えたり、Macからでも簡単に写真をバックアップできることを紹介しましたが今回はiOSアプリを使ってみたいと思います。

ダウンロードとインストール



通常のiOSアプリのインストールと同じですでにAppStoreに登場しています。

https://itunes.apple.com/jp/app/googlefoto/id962194608?mt=8
 
49

iOSのAppStoreから見るとこんな感じです。

IMG_2078

インストールしてみましょう。

使ってみる



アプリを起動してみると、写真へのアクセスを要求されます。許可してあげてください。
もし間違えてしまった場合は、iOSの「プライバシ設定」から、「写真」を選択して
「Googleフォト」のスイッチをONにしましょう。

 アプリを起動させたらまず設定を見直しましょう。

IMG_0535
設定から バックアップと同期をタップします。

IMG_0536
バックアップ先のアカウントなどが表示されますので好みの設定にしてください。

IMG_0537
また、アップロードサイズは高品質にしておかないと無制限でのバックアップができません。
画像は劣化しているようですが、人の目ではほとんど感じることができないほどです。

そうすると無制限バックアップができるようになります。
アプリのホーム画面ではこのようにバックアップされた画像等が表示されているはずです。

IMG_0534

これでiOSでのGoogle ファトのバックアップ設定の見直しは終わりです。

容量無制限なので、iPhoneなどでとった写真のバックアップはGoogleフォトに一本化しiCloudからは完全に写真をはずして容量を節約する。などといった使い方ができそうですね。

その場合まずますオンライン環境が必須な時代になっていきそうです。

おわり。 

「Google Photos」でもっと賢く写真のバックアップをしよう。その2 Macアプリ編

l_ht_gp01
先日、Google Photosがすごいいいというお話をしました。

http://applefriend.blog.jp/archives/1029118111.html 

ブラウザから簡単に使えることを紹介しましたが今回はMacでのアプリを使ってみたいと思います。

ダウンロードとインストール



https://photos.google.com/

まず、Photosの公式サイトに行きましょう。

左上の3本線ボタンをクリックするとメニューが開きます。

12
そこからアプリのダウンロードをクリックしましょう。
まあ、直接ここにいけばいいんですけどね。

https://photos.google.com/apps

とりあえず、アプリをダウンロードしましょう。
46

「パソコン用アップローダ」をクリックしてダウンロードを開始しましょう。

59
 

DMGがダウンロードされるのでいつもどおりマウントしてアプリケーションフォルダにコピーしましょう。 

07
これでインストールは完了です。

使ってみる



インストールできたらLaunchpadとかにあると思うのでクリックして使ってみます。

03
 
 初回起動ではアプリの安全性が検証されますので少し待ちましょう。

 警告が出た場合は「開く」をクリックすればいいと思います。


アプリが起動すると最初は規約への同意を求められます。
Googleなのでよく読めばとんでもない事が書いてあるのだろ思いますが、ここではまあ「同意」しておくことにします。

24
 続行をクリックします。

49
ログインを求められるのでバックアップしたいアカウント情報を入力してログインしましょう。

18
 Googleページなどと連携している場合はユーザ選択画面が表示されるので自分の使いたいユーザを選択してください。

バックアップ元を選択するように促されます。
34
自分の希望の設定にしてパックアップ開始させましょう。

アプリは上のステータスバーに表示されFinderのDockなどには表示されません。

39

きづいたこと



このアプリはただ単にMac上の写真を自動アップロードするだけのもので、写真を見るには結果的にブラウザへアクセスして見るようになります。

なので写真のみを見たいという方はアプリをダウンロードする必要はなく直接
https://photos.google.com/
にアクセスすればいいという感じです。

ブラウザからでも写真のアップロードは可能なのでアプリ、、、、必要ないですね。

スマホのアプリとの違いはこのへんですかん。

スマホのアプリはアプリ単体で写真のバックアップ及び閲覧が可能です。

てなかんじです。

次は、iOS向けのアプリについて紹介したいと思います。ではまた。



最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PVグラフ

    UUグラフ

      QRコード
      QRコード