ElCapitan

El Capitanではネットワークの共有名に日本語名が使えない


networksharename


おそらくバグだと思うんですが、
El Capitanではネットワークの共有名に日本語名が使えません。

El Capitanにアップグレードした途端に、Yosemiteまでではなんともなく使えていたWindowsの共有ディレクトリの一部が開けなくなりました。(SMB・CIFSプロトコルでしか検証していないのでその他のプロトコルの挙動は不明。)

エラーメッセージは、「オリジナルの項目が見つからないため、操作を完了できません」とのこと。 

全部開けないことはなかったので、ファイルサーバ側の問題かと思っていましたが 実はMac OS X側の問題でした。

開けるものと開けないものの違いを探してみたら、共有名が「日本語」か「英語」かの違いだけ。

ふとおもい、共有名を半角英数字に変えてみたところ、あっさりつながりました。

バグだと思うので今後のアップデートで修正されることを祈ります。

検索したら同じ用な境遇の人がいた!!

http://miminchi.blog.so-net.ne.jp/2015-10-03

追記
今は治ってるかも?
もしこの症状が出る人は、OSのアップデートをしてみることをおすすめします。
 


El CapitanでiDVDを使う方法。

2_clip_image001

以前、YosemiteでiDVDを使う方法を紹介しました。

最近、OS Xの新OSのEl Capitanがリリースされましたが、この最新OSのでもiDVDを動作させたい人は多いと思います。

なので、インストール方法を検証してみました。 

その結果、、、、、

Yosemiteの時と全く同じ手順でインストール&使うことが可能であったのでお知らせいたします!! 

その手順は以下の記事に書いているのでぜひ閲覧してみてください。
コメント欄も参考に。。。。

YosemiteでiDVDを使う方法。
http://applefriend.blog.jp/archives/1020469171.html 

では。 

El CapitanへのアップデートでHomebrewにエラーが出る問題について

27

El Capitanにしたあと、

$ brew doctor

を走らせると以下のようにエラーが見つかりました。

Please note that these warnings are just used to help the Homebrew maintainers
with debugging if you file an issue. If everything you use Homebrew for is
working fine: please don't worry and just ignore them. Thanks!

Warning: The /usr/local is not writable.
You should probably `chown` /usr/local

Warning: The /usr/local directory is not writable.
Even if this directory was writable when you installed Homebrew, other
software may change permissions on this directory. Some versions of the
"InstantOn" component of Airfoil are known to do this.

You should probably change the ownership and permissions of /usr/local
back to your user account.
  sudo chown -R $(whoami):admin /usr/local

ディレクトリの所有者の問題でエラーが出てるのでメッセージの通り下記のコマンドを実行して 所有権の変更を行っておきましょう。

$  sudo chown -R $(whoami):admin /usr/local

しかし、、ちがうMacではEl Capitanにアップデートしたらsudoが使えなくなったんだが。。。 

てな感じ。 



最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PVグラフ

    UUグラフ

      QRコード
      QRコード