25
ちょっとセキュリティ的に心配なことがあったので

MacOSX(Yosemite)で無線LANのMacアドレスを変更(偽装)する方法を調べてみました。

といっても、簡単で既存の機能を使いターミナルでコマンドを打つだけで変更することができるようです。

以下のコマンドを打つことで02:から始まるMacアドレスを自動生成して変更してくれます。

sudo ifconfig en0 ether $(perl -e 'for ($i=0;$i<5;$i++){@m[$i]=int(rand(256));} printf "02:%X:%X:%X:%X:%X\n",@m;') && sudo ifconfig en0 down && sudo ifconfig en0 up && ifconfig en0
これの  Perlのスクリプト部分を直して下のようにすると任意のMacアドレスに変更できます。
(XX:XX:XX:XX:XX:XXは偽装したいMacアドレスに適宜変更してください。)
sudo ifconfig en0 ether XX:XX:XX:XX:XX:XX && sudo ifconfig en0 down && sudo ifconfig en0 up && ifconfig en0
1個目のコマンドをシェルスクリプト化してみました。

#!/bin/sh

sudo ifconfig en0 ether $(perl -e 'for ($i=0;$i<5;$i++){@m[$i]=int(rand(256));} printf "02:%X:%X:%X:%X:%X\n",@m;')

sudo ifconfig en0 down

sudo ifconfig en0 up

ifconfig en0
 このようなスクリプトを作っておくことでもっと簡単に変更(偽装)できるでしょう。

※注意:コンピュータを再起動するとオリジナルのMacアドレスに戻ってしまいます。

起動時の自動実行に指定しておけば、起動時に自動的に変更されると思います。 

以上です。