iOS

iPhone版LINEでトーク履歴をiCloudDriveに保存できるようになったらしい。

unnamed

iPhone版LINEアプリのアップデートでトーク履歴を保存・復元できるようになりました。

Android版のLINEではすでに、テキストデータとしてとバックアップデータとしてのトーク履歴の保存ができ、後者の場合は履歴の復元も可能でした。

しかしiPhone版のLINEではテキストデータとして書き出すことはできましたが、そのデータを使って実際のトーク画面に復元することは出来ませんでした。

しかし、今回のLINEアプリのアップデートでiCloud Drive(無料で5GB使えるクラウド上のサービス)にトーク履歴の保存ができるようになりLINEアプリを再インストールした時にその履歴を復元することが可能のようです。

設定方法は続きから。

続きを読む
別のサイトに移動します。


とうとうiOS向け「Mozilla Firefox」リリース!!

unnamed

iOS向けのFirefoxは提供しないと言っていたものの、ユーザの要望があるのであればiOS向けのFirefoxを開発する準備はあると発していたMozillaです。

9月ごろから、ニュージランドのみで先行リリース(テストリリース)されていました、「Firefox Webブラウザ」ですが、本日11月12日より日本を含むおそらく全世界のAppStoreからでもダウンロードして利用できるようになりました!!

なぜiOS向けのFirefoxがこれまでリリースされてこなかったか?ってのは後日お話するとしまして
(検索すると諸説でてきます)
早速インストールしてみました。

このURLからAppStoreのFirefoxのページに飛べます
https://itunes.apple.com/jp/app/id989804926

IMG_3286
 
通常のアプリをダウンロードする時と同じように「入手」をおしてダウンロードするとアプリをインストールすることが出来ます。

早速アプリを起動してみました。

初回起動ではアプリの簡単な機能を紹介してくれます。

IMG_3287
 
整理・整頓:タブを使えば、ページの切り替えも簡単です。

IMG_3288

カスタマイズ:設定を変えれば、Firefoxを自分好みにカスタマイズできます。いつも使う検索エンジンも設定から変更できます

IMG_3289
アプリ間共有:他のアプリで共有されたリンクもFirefoxで開けます

IMG_3290
普段使いのブラウザに:Firefoxのアイコンをタップして、そのままドックへ移動させれば、より簡単にFirefoxを使えます

IMG_3291
他の端末の同期できます。

IMG_3292

PC版やAndroid版のFirefoxを利用しているかたで、Firefoxアカウントを持っている方はそのアカウントでログインすると他の端末とブックマークや履歴などを同期することが出来ます。

iPhoneでのFirefoxのスクリーンショット
IMG_3293


iPadでのFirefoxのスクリーンショット
C52433F9-6B26-4D2E-AF35-F221A9669965

念願のiOSでのFirefoxブラウザ、通常使うブラウザがFirefoxだった人はより一層iOSでも作業が捗りそうですね!

ではまた。
 

Mac OS X YosemiteにXamarinをインストールする

xamarin-horizontal-blue@2x

先日、Xamarin.iOSとXamarin.Androidの無料学生用ライセンスを申請し https://xamarin.com/student 、交渉してもらうことができたので、MacにXamarinをインストールしていきたいと思います。

Xamarinのライセンス形態による違いなどはぐぐればすぐでてくるので割愛しますね^^

まず、http://xamarin.com/download からMacOS用の インストーラーをダウンロードしてきます。

 
58

各項目を入力して、「Download Xamarin for OS X」をクリックしてダウンロードを開始してください。

ダウンロードができたらDMGをマウントします。

55

マウントできたらインストーラーをクリックして開始させます。

ライセンス規約に同意するかのチェックボックス

匿名での情報収集を許可するかどうかのチェックボックス
が表示されます。
同意するのチェックボックスにチェックを入れて次に進みましょう。
33

調査が始まります。

58
インストールするパッケージを選びましょう。
今回はすべてインストールする設定で進みます。

53
Continueをクリックします。

13
インストールされるパッケージとバージョンの確認です。
Continueをクリックします。

40
ソフトウェアのライセンス規約です。同意出来る場合はチェックボックスにチェックを入れてContinueをクリックします。

27
インストールが開始されます。ユーザの認証を求められたらパスワードをいれて認証しましょう。

22

Xamarinのウェブページが開くとともに、インストールが完了します。

30

インストールも完了したので、とりあえず
Xamarin Studioでプロジェクトを作ってみます。

11
以下の様なエラーが表示されたらXcodeがインストールされていないものだと思いますので下記のリンクを参考にAppStoreからインストールしてください。
http://applefriend.blog.jp/archives/1013317652.html
A valid Xcode installation could not be found. If your copy of Xcode is installed to a non-standard prefix, please specify the location in Xamarin Studio's Preferences under 'SDK Locations

Xamarinを動作させるには標準のiOS向けIDEであるXcodeのインストールが必須です。


ライセンスが付与されたアカウントを持っている人はログインをしておきましょう!


01

Xamarin StudioのメニューからAccount...をクリックします。

57
Log Inをクリックすると以下のように入力画面が表示されますのでアカウント情報を入力しましょう。

45

僕は、Student用のアカウントですので以下のようにアクティベートされます。

29

 
これで、インストールはすべて完了です。

アカウントやライセンスを持っていない人はSTARTERエディションですのでかなり機能の制限があります。

学生でしたら無料でiOSとAndroid用のライセンスをくれるので試してみたらどうでしょうか。
20万円分のビジネスエディションが1年間無料で使えます。

ではまた。 



最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PVグラフ

    UUグラフ

      QRコード
      QRコード