mac

Mac で外付けハードディスクをexFATでフォーマットし直す方法

exFAT


一般的なUSBメモリのファイルシステムのフォーマット形式はFAT32ですが、これはひとつのファイル容量が4GBを超えるものは扱うことができません。 そのため、USBメモリはexFATもしくはNTFSもしくはHFS+という形式に再フォーマットする必要があります。 そしてこの中でもよく使われているのが、WindowsとMacと両方使うことができるexFATです。
今回はそのexFATにMacでフォーマットする方法をお教えします。

1,ディスクユーティリティを開く
2,フォーマットしたいディスクのマウントを右クリックで解除する
3,フォーマットしたいディスクを左から選択して消去タブを開く
4,プルダウンメニューからexFATを選択し、任意のディスク名を入力する
5,その後は消去をクリックするだけ

Windows,Linux,Macのデフォルトでのファイルシステムの対応を示した表は以下のとおりです。
20

手順は動画でも公開しているのでもっと詳しく手順を知りたい方は見てください。


 
以上です。 


Mac Yosemite にHomebrewとcaskをインストールする。

Homebrewとはパッケージマネージャです。
簡単に言うとLinuxでいう、apt-getやyumのようなものです。
Mac用にはMac Ports というのもありますが、今回はHomebrewで。

HomebrewはMacPortsと違ってMacにあるものは極力Macの物を使うという趣旨で作られています。
Macportsとhomebrewは共存させないほうが安全です。

それではインストールしていきます。
環境はMac mini OSX 10.10 Yosemiteです。

Command Line Tools for Xcode のインストール


HomebrewのインストールにはこのCommand Line toolsが必要なので、インストールします。
ソフトウェアをソースコードからビルドする際に必要です。 
※まえもってXcodeがインストールされていて、規約に同意していることが前提です。
XcodeはApp storeからインストールできます。前記事参照。
http://applefriend.blog.jp/archives/1013317652.html

まず、ターミナルを開いてください。

$ xcode-select --install


と打ち込みましょう。 
48
そうすると、以下のような画面が出てきます。
54
インストールをクリックしてください。
そうすると利用規約が以下のように出てきます。
08
同意するをクリックしてください。そうするとインストールが始まります。
17

プログレスバーが最後まで到達するとインストール完了です。

15
完了をクリックして終わらせましょう。

Homebrewのインストール



公式ページに載っています。
http://brew.sh/index_ja.html
そこからコードをコピーしてターミナルにペーストして実行してください。

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"


これを実行するだけです。 
途中でエンターキー(リターンキー)を押す場面とパスワードを入力する場面がありますのでお忘れなく。。。 

brew doctorの実行


brewdoctorとはhomebrewの不都合な点を点検するコマンドです。

$ brew doctor


をコンソールで実行して
Your system is ready to brew. 
と表示されていれば問題ありません。 

最後に

$ brew update


を行っておきましょう。 

homebrew caskのインストール



homebrew caskとはMacの.appアプリケーションもパッケージ管理のHomebrewで管理しちゃおうというものです。
gimpなどの自動的にアップデートが降ってこないやつとかに効果的ではないかな?と個人的におもいます。
自動的にアップデートが降ってくる奴もインストール可能です。

$ brew tap phinze/homebrew-cask
$ brew install brew-cask
$ brew install caskroom/cask/brew-cask


使いたいアプリを探すには

$ brew cask search


を実行しまう。初回実行時は多少時間がかかります。

アプリをインストールするには

$ brew cask install gimp


と実行します。
簡単です。
これは、optのhomebrewのディレクトリのどっかにappがダウンロードされ、自分のユーザのアプリケーションディレクトリにそのappのシンボリックリンクが作成されることによって実現されています。

もともとGIMPをインストールしていてhomebrewからの管理に変えたい場合はいったんGIMPを削除した方がいいと思います。
また、シンボリックリンクはスポットライト検索には引っかからないのでご注意を・・・。
ランチパッドの検索には引っかかります!

くわしくはこのサイトがいいです。
http://qiita.com/ryurock/items/1432578d364985f6cb06 
11月13日現在、まだSyntaxhighlighterを導入していないためコードがハイライトされません。
ご了承ください。 

Macのゲストログインを無効にする。

Macではデフォルトでゲストログインが有効になっています。
つまり、コンピュータのアカウントを持っていない人でも規制付きですが制限内であればコンピュータを利用できてしまいます。 

他人に自分のコンピュータを使われてしまう危険性を放っておきたきたくない人向けにゲストログインを無効にする方法を紹介します。

Ubuntuなどのゲストログインの無効方法よりずっと簡単でGUI上で出来ます。

それでは説明していきます。

まず、システムの環境設定を開いてください。
 
47
ユーザとグループをクリックしてください。
そうすると以下のような画面になります。

55
つぎに、左下の鍵マークを見てください。
鍵がかかっていて設定を変更できない設定になっている場合は、ここをクリックしてロックを解除します。
クリックすると以下のような画面が出てきます。

01
管理者のユーザ名とパスワードを入力してください。(通常は自分のユーザ名とパスワード)
認証が成功すると、設定変更ができるようになります。

17
左の枠からゲストユーザをクリックしてください。

つぎに、「ゲストにこのコンピュータへのログインを許可」のチェックボックスのチェックを外してください。

32
以下のようにチェックを外せれたら、安全のためもう一回左下の鍵マークをクリックしてロックをかけておきましょう!

これでゲストログインを無効にできました。
 



最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PVグラフ

    UUグラフ

      QRコード
      QRコード